健康診断、受けましょう!女性は婦人科検診もマストです!

健康診断は健康管理の最低限の手段!年に1回は必ず健康診断で検査しましょう。

特集記事

About me

About me 自覚症状があって体に異変が出てきてから病院に来ても、完治までに時間がかかることが結構あります。そういった人は大抵、仕事が忙しいという理由で健康診断を2~3年受診していなかったりします。毎年健康診断さえ受診していれば、早期発見ができたかもしれません。加えて女性の場合は女性特有の病気がありますので、最低でも毎年1回の婦人科検診も必要です。病院で看護師として働いていると、健康診断を受けていなかったために手遅れになる人をたまに見ることがあるのです。そんな人の注意を喚起するためのサイトです。

婦人科検診を受けよう!

総合病院に勤務する看護師です。毎日、色々な患者さんがいらっしゃいますが、元気になった患者さんと患者さんを心配されているご家族やご友人の笑顔が見れると、とても嬉しくなります。病院に来る患者さん全員が元気になってくれると良いのですが、すでに悪化した状態で来院される方もいらっしゃいます。あと少し早く検査してくれていれば・・・と、とても残念なやりきれない気持ちになります。

頑張りすぎる女性たち

手遅れになる患者さんの中には、働き盛りの女性や若い女性、お子さんをお持ちのママさんもいらっしゃいます。日々忙しくてご自身の身体のことはつい後回しにしてしまったり、少しぐらい不調でも頑張りすぎてしまうことが手遅れになる原因です・・・。そういう方が、いよいよおかしいと自覚し、病院に来られた時には病状がすっかり進行してしまっているケースが多いのです。何か不安や不調を感じたら、気軽に病院で検査を受けてみてください。早期発見は早期治療と回復につながりますし、検査の結果、何もなければそれに越したことはないのですから。

定期的に婦人科検診を!

「私は元気だし、特に不調なところもないから大丈夫。」と思っていらっしゃる女性も多いようですが、そんな方も年に一度の定期健診は必ず受けるようにしてください。脅かすわけではありませんが、自覚症状が出てからでは遅い病気もたくさんあります。自分では気付けない病気の芽を早く摘むための健康診断です。特に、30代になったら婦人科検診は必ず受けましょう。婦人科系の病気は女性特有のものですが、かかる率は思っているほど少なくありません。子宮がんや乳がんなどは、早期に発見できれば治療できるものも、発見が遅れてしまえば命に関わる怖い病気です。
会社勤めの方なら年に一度健康診断に行かせてもらえる機会もありますが、そうじゃない方はご自身で予約など手配をする必要があるため、つい面倒で先延ばしにしてしまうことも多いと思います。もう何年も健康診断してないなぁという方は、できるだけ早く手配をしましょう。

婦人科検診で受けておきたい項目

婦人科検診で受けてもらいたいのは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣と子宮、おりもの検査、尿検査、乳がん検査、血液検査です。自治体等から無料クーポンや割引券などが送られてきたら、積極的に使うようにしてください。婦人科検診を恥ずかしがったり、面倒くさがったりする女性も多いのですが、年に一度は必ず受診しましょう。後悔しないためにも、今すぐ行動してくださいね。

ピックアップ

番外編!看護師の病気

番外編!看護師の病気

健康管理が十分なように思われる看護師ですが、職場環境がきつく、人間関係は悪いなどの場合、うつ病を発症する人もいます。うつ病にならないために定期的な運動やウォーキングなどが有効ですが、職場の内部環境が変わらない場合は休職や転職も視野に入れて考える必要があります。

意外とつらい女性の膀胱炎

意外とつらい女性の膀胱炎

体が疲れているときや体が冷えているときに、トイレを我慢し続けると膀胱炎になります。膀胱炎は尿道の長さが短い女性がなりやすく、病院の投薬で完治しますが、薬を飲むのを中断すると膀胱炎を再発しやすくなります。

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

子宮筋腫はコブのような筋腫が子宮にできる女性特有の病気です。子宮筋腫が大きくなるまで自覚症状はありませんが、その過程で腰痛などが引き起こされることがあります。子宮筋腫はめったに”がん化”することはありませんが、定期的な検査は必要です。