健康診断だけではなく、専門家の診察で女性特有の病気を早期発見

健康診断は健康管理の最低限の手段!年に1回は必ず健康診断で検査しましょう。

特集記事

About me

About me 自覚症状があって体に異変が出てきてから病院に来ても、完治までに時間がかかることが結構あります。そういった人は大抵、仕事が忙しいという理由で健康診断を2~3年受診していなかったりします。毎年健康診断さえ受診していれば、早期発見ができたかもしれません。加えて女性の場合は女性特有の病気がありますので、最低でも毎年1回の婦人科検診も必要です。病院で看護師として働いていると、健康診断を受けていなかったために手遅れになる人をたまに見ることがあるのです。そんな人の注意を喚起するためのサイトです。

女性特有の病気!健康診断チェック

病気には、女性のみの特有の病気が存在します。その中でも子宮筋腫と乳腺症と卵巣ガンについてご説明しますが、いずれも30代から40代の女性を中心に若い女性もかかる可能性が高い病気です。しかも卵巣ガンのように病気が発見されたら、卵巣だけでなく子宮までも摘出しなければいけない重篤な病気もありますので、年に一度の健康診断だけでなく、年に1~2回は婦人科検診を受けて、これらの疾患の早期発見に努め、万が一発見された場合は速やかに治療に専念するようにしましょう。

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

子宮筋腫は30代から40代の女性が発症しやすく、初期の段階では自覚症状もないことからなかなか発見されません。腰痛などから病院で検査を受けて見つかることも時々あります。子宮筋腫自体はガン化することは稀なので、発見されても特別な治療はせずに経過観察とされることが多いです。ただし、月経過多や不正出血がつらいときなどは、手術によって筋腫を取り除くこともあります。ケースバイケースの治療になってきますので早期発見が鍵となるでしょう。 続きを読む

どんな人に多い?乳腺症

どんな人に多い?乳腺症

乳腺症は乳ガンや乳腺炎と違って、病気ではなくホルモンのバランスがくずれたことによって発症する良性の疾患です。その症状は、生理前に乳腺が張ったり、乳房に鈍い痛みを感じたり、しこりができたりという女性ならば誰でも経験のある症状です。女性ホルモンが大きく影響しているので、生理前にその症状が強くなり、生理が終わると和らぎます。そして閉経後は自然に緩和していきます。乳腺症はまれに乳ガンになる場合がありますが、定期的に検査を受けることで早期発見と治療が受けられます。 続きを読む

悪性の卵巣腫瘍?卵巣がん

悪性の卵巣腫瘍?卵巣がん

卵巣腫瘍は悪性の場合、卵巣ガンになりますが、沈黙の臓器と言われている卵巣の構造上、自覚症状が出るまでに時間を要するため卵巣ガンとわかったときにはすぐに手術が必要になります。そうならないために健康診断のほかに定期的に卵巣の超音波検査を受けて、早期発見に努める必要があります。卵巣ガンの場合は転移の可能性も高いため、左右の卵巣と一緒に子宮もすべて摘出しますので、女性にとっては本当に定期検査が重要なのです。 続きを読む

ピックアップ

番外編!看護師の病気

番外編!看護師の病気

健康管理が十分なように思われる看護師ですが、職場環境がきつく、人間関係は悪いなどの場合、うつ病を発症する人もいます。うつ病にならないために定期的な運動やウォーキングなどが有効ですが、職場の内部環境が変わらない場合は休職や転職も視野に入れて考える必要があります。

意外とつらい女性の膀胱炎

意外とつらい女性の膀胱炎

体が疲れているときや体が冷えているときに、トイレを我慢し続けると膀胱炎になります。膀胱炎は尿道の長さが短い女性がなりやすく、病院の投薬で完治しますが、薬を飲むのを中断すると膀胱炎を再発しやすくなります。

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

子宮筋腫はコブのような筋腫が子宮にできる女性特有の病気です。子宮筋腫が大きくなるまで自覚症状はありませんが、その過程で腰痛などが引き起こされることがあります。子宮筋腫はめったに”がん化”することはありませんが、定期的な検査は必要です。