健康診断では確認されにくく、男性よりも女性に多い病気

健康診断は健康管理の最低限の手段!年に1回は必ず健康診断で検査しましょう。

特集記事

About me

About me 自覚症状があって体に異変が出てきてから病院に来ても、完治までに時間がかかることが結構あります。そういった人は大抵、仕事が忙しいという理由で健康診断を2~3年受診していなかったりします。毎年健康診断さえ受診していれば、早期発見ができたかもしれません。加えて女性の場合は女性特有の病気がありますので、最低でも毎年1回の婦人科検診も必要です。病院で看護師として働いていると、健康診断を受けていなかったために手遅れになる人をたまに見ることがあるのです。そんな人の注意を喚起するためのサイトです。

女性に多い病気!健康診断チェック

女性が男性よりもかかりやすい疾患や症例というのがいくつかあります。その中の膀胱炎と低血圧症と外反母趾についてご説明していきます。膀胱炎は女性の尿道の短さが発症の要因ですし、低血圧症は女性ホルモンが影響している場合があります。外反母趾については、女性の履き物が要因の一つとして考えられています。これらはいずれも女性だけに当てはまる理由ですから、女性がかかりやすいというのも理解できます。これらの疾患の症状をみて予防法・治療法を説明していきます。

意外とつらい女性の膀胱炎

意外とつらい女性の膀胱炎

膀胱炎は女性に多い病気です。女性の体の構造的要因で膀胱に細菌が入りやすいために、体が疲れているときや冷えているときに発症します。膀胱炎になったときには、すぐに病院へ行くことをお勧めしますが、大量の水分を摂って細菌を外に出す、あるいは腹部を温めるというのも症状回復に効果があります。膀胱炎にならないためにはトイレを我慢しないことと、尿道付近を清潔に保つことが推奨されます。膀胱炎が何度も再発するような場合はほかの病気の疑いもありますので、しっかり検査を受けましょう。 続きを読む

忙しい女性に多い低血圧症

忙しい女性に多い低血圧症

低血圧症は女性に多い症状です。血圧が低く、めまいや立ちくらみなどの自覚症状があると低血圧症と診断されることがありますが、自覚症状がなく健康に日常生活を送っている低血圧の人がいるのも事実です。低血圧症には一過性のものと持続性のものがあって、急に立ち上がったときに血圧が下がってめまいが起こるのは一過性の起立性低血圧症で、ストレスや疲労が原因と考えられています。常に低血圧の人は持続性低血圧症でなんらかの病気がその要因となっているケースがあります。 続きを読む

外反母趾が女性に引き起こす症状

外反母趾が女性に引き起こす症状

外反母趾はつま先の細い靴を履く女性がなりやすい症状で、足の親指が付け根から人差し指側にくの字に曲がって、その部分が靴に当たると痛い上に腫れることがあります。その症状が重症化すると足の親指が付け根から脱臼して、人差し指と重なって痛みを伴い歩行困難となるため、手術が必要となってしまいます。外反母趾を防ぐには日頃から運動不足にならないように注意をすることと、足の指周りの筋肉が衰えないようにすることです。 続きを読む

ピックアップ

番外編!看護師の病気

番外編!看護師の病気

健康管理が十分なように思われる看護師ですが、職場環境がきつく、人間関係は悪いなどの場合、うつ病を発症する人もいます。うつ病にならないために定期的な運動やウォーキングなどが有効ですが、職場の内部環境が変わらない場合は休職や転職も視野に入れて考える必要があります。

意外とつらい女性の膀胱炎

意外とつらい女性の膀胱炎

体が疲れているときや体が冷えているときに、トイレを我慢し続けると膀胱炎になります。膀胱炎は尿道の長さが短い女性がなりやすく、病院の投薬で完治しますが、薬を飲むのを中断すると膀胱炎を再発しやすくなります。

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

子宮筋腫はコブのような筋腫が子宮にできる女性特有の病気です。子宮筋腫が大きくなるまで自覚症状はありませんが、その過程で腰痛などが引き起こされることがあります。子宮筋腫はめったに”がん化”することはありませんが、定期的な検査は必要です。