健康診断は健康管理の第一歩

健康診断は健康管理の最低限の手段!年に1回は必ず健康診断で検査しましょう。

特集記事

About me

About me 自覚症状があって体に異変が出てきてから病院に来ても、完治までに時間がかかることが結構あります。そういった人は大抵、仕事が忙しいという理由で健康診断を2~3年受診していなかったりします。毎年健康診断さえ受診していれば、早期発見ができたかもしれません。加えて女性の場合は女性特有の病気がありますので、最低でも毎年1回の婦人科検診も必要です。病院で看護師として働いていると、健康診断を受けていなかったために手遅れになる人をたまに見ることがあるのです。そんな人の注意を喚起するためのサイトです。

女性のための健康診断プラザ

若いうちから健康を維持するために健康診断は必須です。特に女性は、女性特有の病気の可能性があり、早期発見のため婦人科検診も是非受けるようにしましょう。意外なことに女性の多い看護師の職場では健康管理を怠りがちです。

新着記事一覧

仕事も家庭でも忙しい30代

30代は仕事でも家庭でも責任が増してくる年代です。男性の場合は、20代と同じ気持ちで無理をしがちですが、体力はすでに落ちてきており、知らないうちに徐々に体に不具合が出始めるころです。加えて生活習慣病にも注意が必要になってきますので健康診断は必須です。女性の場合は、結婚・妊娠・出産を経験することの多い年代ですから、女性特有の病気の早期発見のために健康診断に加えて、婦人科検診を年に1回は受診するように心がける必要があります。 続きを読む

忙しい女性に多い低血圧症

低血圧症は女性に多い症状です。日頃から血圧が低く、めまいや立ちくらみなどの自覚症状がある場合、低血圧症と診断されることがありますが、自覚症状がなく健康に日常生活を送っているのなら、あまり気にすることはありません。低血圧症には一過性と持続性の2種類あります。急に立ち上がったときに血圧が下がってめまいが起こるのは一過性の起立性低血圧症で、ストレスや疲労が原因と考えられています。常に低血圧の人で持続性低血圧症と診断された場合、なんらかの病気がその原因となっているケースがありますので、検査を受けるべきでしょう。 続きを読む

どんな人に多い?乳腺症

乳腺症は、女性特有の症状ですが、病気ではなく女性ホルモンのバランスがくずれたことによって発症する良性の疾患です。その症状は、女性ホルモンの影響で、生理前に乳腺が張ったり、乳房に鈍い痛みを感じたり、しこりができたりという女性ならば誰でも経験のある症状がでます。生理前にその症状が強くなり、生理が終わると和らぎます。そして閉経後は自然に緩和していきます。乳腺症はまれに乳ガンになる場合がありますが、マンモグラフィーやエコーといった検査機器で定期的に検査を受けることで早期発見と早期治療に繋がります。 続きを読む

悪性の卵巣腫瘍?卵巣がん

女性特有の病気として卵巣腫瘍というものがありますが、女性の皆さんはこの病気の症状、特徴をきちんと把握されていますか?卵巣が腫れる症状は全て卵巣腫瘍と診断されますが、これが悪性になると卵巣がんとなります。ここでは、その卵巣がんの症状、早期発見する方法、治療法についてまとめていますので、特に女性の皆さんにはチェックしていただきたいと思います。卵巣がんは早期発見が鍵となりますので、定期的な検診が必須です。 続きを読む

ピックアップ

番外編!看護師の病気

番外編!看護師の病気

健康管理が十分なように思われる看護師ですが、職場環境がきつく、人間関係は悪いなどの場合、うつ病を発症する人もいます。うつ病にならないために定期的な運動やウォーキングなどが有効ですが、職場の内部環境が変わらない場合は休職や転職も視野に入れて考える必要があります。

意外とつらい女性の膀胱炎

意外とつらい女性の膀胱炎

体が疲れているときや体が冷えているときに、トイレを我慢し続けると膀胱炎になります。膀胱炎は尿道の長さが短い女性がなりやすく、病院の投薬で完治しますが、薬を飲むのを中断すると膀胱炎を再発しやすくなります。

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

腰痛以外の症状も?子宮筋腫

子宮筋腫はコブのような筋腫が子宮にできる女性特有の病気です。子宮筋腫が大きくなるまで自覚症状はありませんが、その過程で腰痛などが引き起こされることがあります。子宮筋腫はめったに”がん化”することはありませんが、定期的な検査は必要です。